第十回 藤沢宿

ゆぎょうのぼんタイトル:トップへ

お問い合わせ先:
藤沢商工会議所 遊行の盆係
電話:0466-27-8888
メールでのお問い合わせ
ぼんおどりのせかいバナー 

湘南藤沢 遊行おどり


藤沢の新しい盆踊り
「湘南藤沢 遊行おどり」

 この踊りは、藤沢にある時宗総本山遊行寺に伝わる「踊り念仏」が現在の盆踊りのルーツではないかということで、この踊り念仏をモチーフにした藤沢の新しい盆踊りを創作し、第1回藤沢宿・遊行の盆ではじめて披露されました。 藤沢の伝統文化の再発見、再創造をめざし、藤沢の盆踊りの様々な可能性を想定して、6つの組踊りで構成しています。

  • メインの曲・・・ 遊行ばやし
  • ささら交歓唄(かがいうた)
  • 片瀬に伝わる子供達・・・片瀬悪口歌
  • 子供達による ・・・わらべ盆詩
  • 一遍上人ゆかりの・・・和讃(わさん)念仏踊り
  • 藤沢盆の恋歌(こいうた)

 踊りの制作・統括されたのは劇作家・演出家の白石征さん、作曲をいただいたのは、寺山修司監督映画の音楽を担当される等、ご活躍されている音楽家のJAシーザーさん。唄は民謡歌手の富田房江(とみた ふさえ)さん他、3人の皆さん。振付は花柳輔礼乃(はなやぎ すけあやの)さん、斉藤千雪(さいとう ちゆき)さんです。

遊行ばやしの唄:PDFファイル


ワンポイントメモ
〜遊行ばやしのご紹介〜

 湘南の海のように、明るくハツラツとした囃子にのって、活気のある踊りです。古くから伝わる藤沢の風物詩を織り込んだ歌詞は遊行寺の門前町にちなんだ小栗(おぐり)伝説や江ノ島・大山詣、それに東海道で賑わう宿場町の風情などを描き出しています。

遊行ばやしの踊り方:

http://www.bonodori.net/fujisawa/odorikata/bayashikatanagashi.html

郡上おどり

日時と場所

7月24日(金)

19:00〜21:00 藤沢駅南口 ファミリー通り商店街

7月25日(土)

20:30〜20:50 藤沢駅北口 ミナパーク前

郡上おどりとは

 7月中旬から9月上旬にかけて33夜にわたって踊られる日本一長い期間踊られる盆踊りで、400年にわたって城下町郡上八幡(岐阜県)で唄い踊り続けられてきた郡上おどり。

 観光客も地元の人も一緒になって輪になり踊られます。

 本場、岐阜県郡上八幡から郡上おどり保存会のみなさんがお囃子と踊りで盛り上げます。

本場のように、10曲全てを
ノンストップで踊ります!

 古調かわさき、かわさき、三百、春駒、ヤッチク、げんげんばらばら、さわぎ、猫の子、郡上甚句、まつさか …



西馬音内盆踊り

baon

日時と場所

7月25日(土)

18:20〜18:40 藤沢駅北口 遊行通り4丁目商店街

19:25〜19:50 藤沢駅北口 ミナパーク前

7月26日(日)

19:00〜19:15 遊行寺境内

西馬音内(にしもない)盆踊りとは

 国の重要無形民俗文化財に指定され、秋田県の羽後町に約700年受け継がれている伝統ある踊りです。
 賑やかな囃子と美しい踊りが特徴で、先祖伝来の端縫いの着物を身にまとい、曲線がきれいな編み笠をかぶって踊ります。
 未成年の若い女性は「彦三頭巾(ひこさずきん)」と呼ばれる被り物を頭からすっぽりとかぶって踊り、不思議な魅力があります。

 秋田県羽後(うご)町の西馬音内盆踊り。 第1回遊行の盆から毎年、ゲストとして出演いただいております。
 藤沢とは盆踊りを通じて交流を深めており、今年も踊りを披露いただけることとなりました。
 関係者の皆さん、厚く御礼申しあげます。

羽後町観光物産協会 :http://ugo.main.jp/

baon
baon

高円寺阿波おどり

awa

日時と場所

7月25日(土)

19:50〜20:05 藤沢駅北口 ミナパーク前

7月26日(日)

19:20〜19:35 遊行寺境内

内容

 昭和32年の第1回大会から数えて、今年で59回目を迎える高円寺の阿波おどり。
 1万人が踊る東京の夏の風物詩となっています。
 遊行の盆で今年も披露されるのは、高円寺阿波おどり連協会所属朱雀連の皆さんです。

awa

越中おわら(風の盆)

owara

日時と場所

7月25日(土)

20:05〜20:30 藤沢駅北口 ミナパーク前


 越中おわら(風の盆)とは

 富山県富山市八尾(やつお)地域で毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する祭りです。

 越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露します。

 艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了します。

 おわら風の盆が行われる3日間で約25万人の見物客が八尾を訪れ、町は大変な賑わいをみせます。

owara

跡部踊り念仏

atobe

日時と場所

7月25日(土)

14:00〜17:00 藤沢駅北口 ミナパークホール

※記念公演(有料)のチケットをお持ちの方のみ観覧できます。

7月26日(日)

10:00〜12:30 藤沢駅北口 ミナパークホール

※記念公演(有料)のチケットをお持ちの方のみ観覧できます。


 跡部の踊り念仏とは

 踊り念仏は、一遍上人が1279年の承久の乱で伴野庄に被流となった伯父河野通末を弔うために佐久を訪れ創始したもので、伴野庄の市庭、小田切の里、大井太郎の館の3か所で行い、佐久が踊り念仏の発祥の地となっています。

 予想以上の成果を納めたことから、以後、遊行に取り入れた結果、全国的に広がり、盛んに行われるようになり、さらには盆踊り・能・歌舞伎などの原型となって、日本の芸能文化に大きな影響を与えました。

 跡部の踊り念仏は古い資料はありませんが、寛政3年(1791年)・天保11年(1840年)には跡部が中心になって助念仏が行われ、米・味噌・蝋燭など近隣の村々から持ち寄って、5日間踊り通したという記録が残っています。

 その後、昭和初期の不況から戦争中20年間中断しましたが、昭和27年に再起し、踊り念仏が全国で衰退、姿を消す中で、跡部の踊り念仏は当時のとび・跳ねる姿を今に色濃く残すものとして、平成12年12月、国の重要無形民俗文化財に指定されました。


ささら踊り

sasara

日時と場所

7月25日(土)

14:00〜17:00 藤沢駅北口 ミナパークホール

※記念公演(有料)のチケットをお持ちの方のみ観覧できます。

7月26日(日)

10:00〜12:30 藤沢駅北口 ミナパークホール

※記念公演(有料)のチケットをお持ちの方のみ観覧できます。


 ささら踊りとは

 藤沢市の北部、遠藤・葛原の両地区には「ささら踊り」と呼ばれる古い盆踊りが伝承されています。

 竹のプレートを束ねた「ささら」と呼ばれる楽器を鳴らしながら、タスキを掛けた少女たちが踊るという独特のスタイルの盆踊りで、かつては神奈川県一帯に広く分布していました。現在、県の無形民俗文化財に指定されています。




遊行寺 踊り念仏

日時と場所

7月26日(日)

16:55〜17:10 遊行寺境内

踊り念仏とは

 遊行寺に伝わる踊り念仏は現代の盆踊りのルーツといわれています。
 鎌倉時代に時宗の開祖一遍上人が1279年の秋、信濃善光寺を経て佐久郡伴野に赴き、付近の小田切の里の武士の館を訪れました。
 そこで、多くの信者たちとともに念仏をしているうちに一遍の弟子たちが踊りだし、踊りまわったのが一遍の「踊り念仏」のはじまりとされています。
 一遍の踊り念仏は時衆の手によって全国に広められ、民衆の芸能となり、やがて「念仏踊り」や「風流踊り」の時代を経て「盆踊り」となっていきました。

遊行の盆 市民大盆踊り大会

日時と場所

7月26日(日)

18:00〜20:00 遊行寺境内

内容

 藤沢の新しい盆踊り「遊行おどり」や炭坑節・東京音頭など、お馴染みの踊りを踊ります。
 西馬音内盆踊りや高円寺阿波おどりも必見! ”あったかいんだからぁ〜”のクマムシも来るよ!(18:50〜19:00)
 ゆかたを着て、遊行寺へ遊びに行こう!

遊行の盆 ゆかたコンテスト

 7月25日(土)の藤沢宿・遊行の盆にて、ゆかたの似合う方をコンテストで選ぶ「遊行の盆 ゆかたコンテスト」を開催します。
 ゆかた大賞には豪華な賞品をご用意。是非、ご応募ください。

日時

7月25日(土)15:00〜17:00

場所

藤沢駅北口サンパール広場

募集人数

40名(小学生以上)

※応募者多数の場合は抽選。その場合は各自に通知します

参加料

無料

ゆかた大賞賞金2万及び賞品(他、各賞あり)

応募締切

7月17日(金)

お申込

住所・氏名・年齢・性別・電話番号を記載のうえメールにてお申込み下さい
メール:yugyounobon@fujisawa-cci.or.jp

遊行ばやしコンテスト


公募によるメンバー等によるお囃子

日時と場所

7月25日(土)

17:50〜18:20(前半) 藤沢駅北口 遊行通り4丁目商店街

18:40〜19:10(後半) 藤沢駅北口 遊行通り4丁目商店街

総勢700名による踊りのコンテスト
〜遊行ばやしコンテスト〜

 藤沢の新しい盆踊り「遊行ばやし」の踊りやパフォーマンスを競う”遊行ばやしコンテスト”

 このコンテストは遊行ばやしを広く周知・PRしようと、一般市民による踊りのコンテストを行うもので、曲目はもちろん「遊行ばやし」。遊行おどりのお囃子の音色に合わせて踊ります。

 地元の商店街や自治会の皆さんをはじめ、学校・企業・踊りの団体など、子供から大人まで様々な人達が”連”(チーム)を組んで踊ります。

 遊行ばやしの踊りの基本を残しつつ、衣装や被りもの、小物などをアレンジして、連ごとに個性が光ります。

 コンテストは約1時間ですが、あっという間に時間が過ぎてしまうほど、見ていて楽しい踊りです。


写真コンテスト

遊行おどりをテーマにした写真コンテストに応募しよう!

 盆踊りのルーツといわれている遊行寺の踊り念仏をモチーフにした藤沢の新しい盆踊り「遊行おどり」をテーマにした写真コンテストを行います。

 入選作品は広報等に使用いたします。

特選

1点 賞金1万円

準特選

2点 賞金3千円

ほか入選10点

【応募要領】

作品内容

第10回藤沢宿・遊行の盆

※湘南藤沢遊行おどり及び招致する踊り(越中おわら・西馬音内盆踊りなど)

応募資格

特に制限はありません。

応募点数

作品は1人3点まで応募できます。

(作品の裏面に氏名・住所・電話番号を記載してください)

※作品のうち、1点は必ず「湘南藤沢遊行おどり」を入れてください。

サイズ

2L版サイズまたはデジタルデータ

ご注意

・応募された作品は返却いたしません。

・応募作品はカラーに限ります。

・デジタル写真はデジタルデータでの受け付けもいたします(e-mail、CD―R等)。

・作品のプリント代等の費用や応募の際の送料は各自ご負担ください。

・応募された作品は、遊行の盆を広報するための新聞・ポスター・チラシ・インターネッ ト等で使用させていただきます。

応募先

〒251−0052

藤沢市藤沢607-1 藤沢商工会館2F

藤沢商工会議所 遊行の盆係

e-mail:yugyounobon@fujisawa-cci.or.jp

応募締切

平成27年8月31日(月)

【個人情報の取扱】

作品に記入された個人情報は、入賞の通知・賞品等の送付など、本コンテスト運営に伴う目的の範囲内において使用し、本人の許可なく第三者に提供することはありません

【当日の撮影上のご注意】

・観客の皆様のご迷惑にならないよう、撮影には十分気をつけてください

・会場内では係員の指示に従ってください

【主 催】

藤沢宿・遊行の盆実行委員会・藤沢商工会議所

【問合せ】

0466−27−8888 藤沢商工会議所 遊行の盆係