1. HOME
  2. お知らせ
  3. 第3回小規模事業者持続化補助金<一般型>の受付について|当所締切日:9月25日(金)17時まで

第3回小規模事業者持続化補助金<一般型>の受付について|当所締切日:9月25日(金)17時まで

持続化補助金<コロナ特別対応型>は、商工会議所発行の書類を得ずに申請可能です。

 小規模事業者等が、今後にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、賃上げ、インボイス導入等)に対応していくために、自ら取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。持続化給付金とは異なり、小規模事業者等の投資計画の一部を補助するものであり、持続化補助金は小規模事業者等の投資後、補助金事務局の完了検査を受けて交付されます。

補助上限50万円、補助率2/3で店舗の改装、ホームページの作成・改良、チラシ・カタログの作成、広告掲載などが補助対象となります。詳細は公募要領をご確認ください。

<事例1>そば屋の販路拡大のため、補助金を活用して「インバウンド向けの英語表記メニュー」や「のぼり」を作成。また、そば粉の製粉に使用する機械を一新。そば粉の前処理の安定化及び時間短縮となり、繁忙期の売り切れなどを回避。2ヶ月間で売上が30万円増加。

<事例2>宿泊・飲食事業などを行う旅館にて、補助金を活用し、外国語版Webサイトや営業ツールを作成。また、ピクトグラムの活用やムスリム対応情報を発信した結果、問合せ件数が倍増、海外客の団体旅行予約も2割程度増加。

◆藤沢商工会議所の第3回受付締切日について
本補助金申請にあたり必要な全ての申請書と添付書類を事前に当所へご提出いただいたうえで、事業支援計画書(様式4)・※必要な方のみ事業承継診断票(様式6)の発行を受けることが必要です。当所では、様式4や様式6を交付するにあたり一定の日数が必要です。つきましては、記載事項や必要書類に不備がないか確認のうえ、日本商工会議所の受付締切ではなく2020年9月25日(金)17時までに当所窓口まで申請書類のご提出をお願いいたします。
※提出書類は、当所にも必要なため原本のコピーをご提出ください。
※書類に不備があると、受付出来ない場合がございます。
※様式4・様式6の準備が出来次第、ご連絡(メール・電話・FAX等)いたしますのでご都合の良い日時に窓口で受取りをお願いいたします。(郵送しません)

補助対象者

日本国内に所在する小規模事業者
※商業・サービス業は常時使用する従業員数5人以下
※サービス業のうち宿泊業・娯楽業、製造業その他は常時使用する従業員数20人以下

当所受付対象

藤沢商工会議所の管轄地域内(神奈川県藤沢市)で事業を営んでいること

当所応募締切

第3回分:令和2年9月25日(金)17時
※郵送による本申請は、日本商工会議所事務局へ令和2年10月2日(金)【当日消印有効】

募集要項等

令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>
https://r1.jizokukahojokin.info/

お知らせ

お知らせ一覧