1. HOME
  2. お知らせ
  3. 第5回小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の受付について|当所締切日:12月3日(木)17時まで

第5回小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の受付について|当所締切日:12月3日(木)17時まで

本補助金は給付金ではありません。審査があり優れた経営計画書を採択しますので、計画内容によって不採択になる場合があります。 また取組経費の一部から補助金額を確定し、原則、完了後に後払いで交付するものですので、自己負担が必要です。

新型コロナウイルスの影響を乗り越えるための具体策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者が、地域の商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3または3/4を補助(補助上限100万円)する補助金が、小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>です。
また、業種ごとのガイドラインに基づいた感染防止策の取組み【事業再開枠】を行う場合、定額補助(上限50万円)が上乗せされます。加えてクラスター対策が必要と考えられる業種はさらに50万円の上乗せ(コロナ特別対応型か事業再開枠か自由に配分可)が可能です。

補助率等について

  • A類型
  • B類型
  • C類型
  • 事業再開枠

補助率:2/3・補助上限100万円

補助対象:サプライチェーンの毀損への対応に要する経費
(2020年2月18日以降に発注・契約・納品・支払等が行われるもの)

補助率:3/4・補助上限100万円

補助対象:非対面型ビジネスモデルへの転換に要する経費
(2020年2月18日以降に発注・契約・納品・支払等が行われるもの)

補助率:3/4・補助上限100万円

補助対象:テレワーク環境の整備に要する経費
(2020年2月18日以降に発注・契約・納品・支払等が行われるもの)

補助率:定額・補助上限50万円

補助対象:感染拡大防止の取り組みに要する経費
(2020年5月14日以降に発注・契約・納品・支払・使用等が行われるもの)

「支援機関確認書」(様式3)は申請の際、任意提出書類になっています。<コロナ特別対応型>は商工会議所発行の書類を得ずに(商工会議所に行かずに)直接申請することができます。また「様式3の添付有無は採択審査上、影響はありません。」しかしながら、様式3を希望する方は、当所では様式3を交付するにあたり一定の日数が必要です。つきましては、記載事項や必要書類に不備がないか確認のうえ、日本商工会議所の受付締切日ではなく2020年12月3日(木)17時までに当所窓口まで申請書類のご提出をお願いいたします。

※提出書類は、当所にも必要なため原本のコピーをご提出ください。
※本申請には電子媒体に保存した申請データの送付が必要です。(手書きの申請書は受付出来ません。)
※書類に不備があると、受付出来ない場合がございます。
※様式3の準備が出来次第、ご連絡(メール・電話・FAX等)いたしますので、ご都合の良い日時に窓口で受取りをお願いいたします。(郵送しません)

補助対象者

日本国内に所在する小規模事業者
※商業・サービス業は常時使用する従業員数5人以下
※サービス業のうち宿泊業・娯楽業、製造業その他は常時使用する従業員数20人以下

当所受付対象

藤沢商工会議所の管轄地域内(神奈川県藤沢市)で事業を営んでいること

当所応募締切

第5回分:令和2年12月3日(木)17時

募集要項等

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

お知らせ

お知らせ一覧