1. HOME
  2. お知らせ
  3. 緊急事態宣言発出に伴うテレワークの徹底等について(神奈川県)

緊急事態宣言発出に伴うテレワークの徹底等について(神奈川県)

人流を抑制し、人との接触機会を徹底的に減らし、感染者を減らしましょう。

神奈川県の新規感染者数は、急激に増加しており、8月9日は一日2千人を超えるなど、これまで経験したことのない感染激増状態となっています。これに伴い、宿泊療養施設や医療施設もひっ迫しており、このままでは、怪我や病気などで、通常受けられるはずの救急医療が受けられない、救えるはずの命が救えない、いわゆる医療崩壊が現実のものとなりかねません。今、必要なのは、人流を抑制し、人との接触機会を徹底的に減らし、感染者を減らすことです。次の内容を徹底し感染拡大防止に取り組みましょう。

「出勤者数の7 割削減」を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、テレワークやローテーション勤務の働きかけの実施。

時差出勤、週休や昼食時間の分散化、テレビ会議の活用、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるなど、通勤・在勤時の密を防ぐ取組の徹底。

従業員への基本的な感染防止対策の徹底や外出自粛の呼びかけ。

詳細

神奈川県民や事業者の皆様に対する要請内容について(PDF:682KB|神奈川県)
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/78228/03_kinkyuuzitaisenngenngokyoukasaku.pdf

お知らせ

お知らせ一覧